ほうれい線を消すツボはココ!毎日押して顔全体をリフトアップ!

ほうれい線を消すツボ押しをする女性のイメージ写真

ほうれい線は老けて見えるので、一刻も早くなんとかしたいと悩んでいる人が多いと思います。

そんな人に試してほしいのがツボ押しマッサージ。凝り固まった筋肉をほぐしてむくみを解消することで、比較的短期間で効果を実感することができます。

ほうれい線の意外な敵!むくみと凝り

ほうれい線ができてしまう主な原因はたるみです。たるみというと加齢によるものというイメージがありますが、筋肉の凝りむくみもたるみの原因となります。

顔が凝るなんてピンとこないかもしれませんが、慢性的に姿勢が悪い人は、実は顔の筋肉もかなり凝っている場合が多いんです。パソコンやスマホの操作時間が長い人は要注意です。顔に凝りが生じると表情筋が硬くなって柔軟性がなくなり、たるみにつながります。

また、凝りは血流を悪化させ、むくみを引き起こします。むくみを繰り返すと、顔の皮下組織に溜まった老廃物の重みによって皮膚が伸びてしまい、たるみとなってしまいます。

このように、ほうれい線の原因には加齢による表情筋の衰えに加えて、むくみや筋肉の凝りといった意外な原因もあるんです。

ツボ押しなら比較的短期間でほうれい線を薄くできる!

自分でできるほうれい線対策としては、

  • 表情筋を鍛える
  • 凝り固まった筋肉をほぐす
  • むくみを解消する

といったことが有効ですが、表情筋を鍛えるというのはすぐに結果が出るものではありません。「美容整形には頼りたくないけど、短期間で何とかしたい」という人に試してほしいのが「ツボ押しマッサージ」です。ツボ押しなら、凝りとむくみを同時に解消することができるため、比較的短期間で手ごたえを感じることができます。

ツボ押しがほうれい線を消すのに効果的な理由とは?

ツボ押しが肩こりや腰痛の緩和に良いというのは誰でも聞いたことがあると思いますが、そもそも「ツボ」って何なのでしょうか?

"no-img2″
まめ

ツボというのは東洋医学の概念で、顔や体に存在する「経穴(けいけつ)」と言われるポイントのことです。

経穴に刺激を与えることによって、特定の部位の悩みや症状を緩和する効果があると言われています。例えば顔のツボを押せば、気になる加齢の悩みを改善する効果が期待できるんです。ツボ押しマッサージには下記のような効果が期待できます。

  • コラーゲン生成のサポート
  • 血行促進
  • 筋肉の凝りをほぐして引き上げる

ほうれい線を消すツボはココ!

巨りょう(こりょう)

巨髎(こりょう)のツボの位置を説明する図

ツボの場所

黒目の真下にまっすぐ引いた線と、小鼻のわきから真横に引いた線がちょうど交わるところに位置するツボです。

ツボの効果

「笑顔のツボ」とも呼ばれており、笑う時に上唇を引き上げる頬の筋肉に刺激を与えて、筋力をアップさせることができます。また、肌にハリを出す効果もあるので、ほうれい線を解消するためには外せないツボです。

散笑(さんしょう)

散笑(さんしょう)のツボの位置を説明する図

ツボの場所

小鼻と口角の中央当たり、ほうれい線の真ん中あたりにあるツボです。

ツボの効果

頬をリフトアップすることでほうれい線を解消する他、あごのたるみにも効果があるので二重あご解消にも役立ちます。

地倉(ちそう)

地倉(ちそう)のツボの位置を説明する図

ツボの場所

口の端の外側で、ほうれい線を下に伸ばしてきた時に交わる位置にあります。

ツボの効果

顔のむくみをとるツボです。また、口元の筋肉をほぐすことでハリを出しほうれい線を解消してくれます。
美容だけではなく胃にも効果があるツボで、食欲を抑える効果もあると言われています。

顴髎(けんりょう)

顴髎(けんりょう)のツボの位置を説明する図

ツボの場所

左右の目尻から真っ直ぐ下に降りた頬骨の下あたり。

ツボの効果

顔の引き締め効果があり、むくみを解消してくれるため、顔全体のたるみを解消し、フェイスラインを整える効果があります。
新陳代謝を活発にする作用もあるので、しわの改善にも役立ちます。

下関(げかん)

下関(げかん)のツボの位置を説明する図

ツボの場所

耳の穴の前のあたりの、口を開けた時に骨が持ち上がる部分にあります。

ツボの効果

血行を促進することでむくみを解消し、新陳代謝をアップして頬の筋肉を引き上げ、ほうれい線を解消します。
顔の歪みをとる効果もあるため、小顔効果も期待できます。

効果的なツボ押しマッサージのやり方

"no-img2″
まめ

ほうれい線を消すツボ押しマッサージのポイントは力加減です。

強くやりすぎると、爪が皮膚を傷つける可能性がありますので、あくまでも優しく行ってください。
体にやるような感じでゴリゴリ押してしまうと、肌を傷つけてしまいますので注意しましょう。

  1. 中指の腹を使い、優しく刺激する。強すぎず弱すぎない、心地よいと感じるくらいの力で行う。
  2. 息を吐きながらゆっくりツボを押し、5秒間押したら5秒間緩めるという動作を5回程度繰り返す。
  3. リラックスして体が温まったた状態で行うと、より効果的なので入浴後の習慣にすると良い。

ほうれい線解消のツボ押しの結果をビフォーアフター写真で検証!

ツボ押しは表情筋トレーニングよりは短期間で効果を感じられるということなので、まずは2週間試してみました。ビフォーアフター写真を掲載しておきます。写真ではちょっと分かりにくいのですが、ほうれい線の溝の深さが浅くなり、長さが短縮されています。

ほうれい線ツボ押しビフォーアフター写真

ツボ押しを続けて一番強く感じたのは、「顔って思ったより凝っている!」ということ。刺激が痛気持ち良くてクセになります。顔の筋トレでなるべく顔の筋肉を動かしているつもりですが、ツボ押しで刺激されるのはまったく別のところといった感じで、顔の筋肉が一気にほぐれるのが分かります。

凝りがほぐれると血流が良くなるので、むくみも解消されてきます。むくみが解消されると、頬に溜まっていた老廃物の重みがなくなり、ほうれい線が薄くなります。

ツボ押しは、筋肉の凝りほぐしとむくみの解消には効果バッチリでした!もっと長く続けると、はっきりとしたリフトアップ効果が得られそうです。

ツボ押しマッサージの後に筋トレをやると効果がアップ!

ほうれい線を消すには、ツボ押しマッサージだけやっていれば良いというわけではありません。ツボ押しは筋肉の凝りや血行不良、むくみが原因で深くなっているほうれい線には効果があります。しかし、ほうれい線が目立つ主な原因が表情筋の衰えの場合、ツボ押しだけで解消することはできません。ツボ押しの他に、筋トレで筋肉を強化する対策が必要になってきます。

"no-img2″
まめ

筋トレをプラスする場合は、ツボ押し→筋トレという順番が効果的。

筋肉は凝り固まったままだと十分な力が発揮できないため、ツボ押しで筋肉がほぐれて血行が良くなった後に表情筋トレーニングをすると効果がアップするんです。ほうれい線解消におすすめの筋トレは下記の3つ。どれもテレビを見ながらできるので、「トレーニングしなきゃ!」という精神的負担を感じることなく、毎日の生活に取り入れることができます。

セルフケアが面倒・・・という人にはヤーマンの美顔器「メディリフト」がおすすめ!

自分でやるマッサージやトレーニングは面倒だし、疲れている日は絶対無理!という人には、ヤーマンの美顔器「メディリフト」がおすすめです。

メディリフト

画像出典:ヤーマン

「メディリフト」なら、マスクを着けるだけでOK。自分では何もしなくても美顔器が勝手にマッサージと筋トレをしてくれます。疲れていて何もしたくない!という日でもストレスなくケアできるのでおすすめです。

若返りに必要な「リフト筋を鍛える」&「咬筋を休ませる」という2つのケアを同時にやってくれるので、ほうれい線対策にとても有効なんです。

詳しく見てみる↓
管理人のレビュー記事はこちら↓

まとめ

ほうれい線を消すのに効果があるツボをご紹介しましたが、いかがでしたか?はじめのうちはツボの位置が分からず「本当にここで良いのかな?」という疑問がわくと思いますが、毎日押しているうちにしっくりとくるポイントが見つかります。ツボの位置をイラストで説明しましたが、ツボの位置は人によって若干違うので、「ここかな?」という自分の感覚を大切にしましょう。

筋力の衰えが原因でほうれい線ができている人は、ツボ押し後に筋トレを行うと、効率的にほうれい線を目立たなくすることができます。ツボ押しと筋トレのセットを習慣にして、若々しい口元を取り戻しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

プロフィール

運営者:まめ

30代後半から顔のたるみや老化した肌に悩み、日々格闘している40代の自営業者です。

整形は最初から選択肢になかったので、エクササイズ・コスメ・サプリ・生活習慣の改善など、自力でなんとかする方法でたるみ改善を目指しています。

財力がないので、あれこれとコスメの新製品を試したり、美容医療を受けたりすることもできませんが、老化スピードを遅くする為に自分でできることはすべてやろうと思い、対策に励む日々です。

このブログでは、自分で試して良かったエクササイズやコスメ、サプリの情報や、「これは役に立ちそう」と思ったアンチエイジングな話題を発信しています。

これからの人生を楽しむためにも、キレイを諦めずに頑張ります。

このブログでお伝えしたいことを下記の記事に詳しく書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。

ページ上部へ戻る