エラ張りは骨格だけが原因じゃない!四角い顔の私も自力で小顔になれた! | アンチエイジングラボ

顔のたるみ・しわ

エラ張りは骨格だけが原因じゃない!四角い顔の私も自力で小顔になれた!

エラ張りを気にする女性のイメージ写真

エラが張っているのは生まれつきの骨格のせいだからどうしようもない、何とかするには骨を削る整形をしなければダメ、などと思い込んでいませんか?エラ張りは骨格がすべての原因とは限りませんよ。

この記事でわかること

  • エラ張りの原因
  • 自分のエラ張りが、骨格と筋肉のどちらに起因しているかをチェックする方法
  • 自宅でできるエラ張り解消方法

この記事のポイント!

  • エラ張りは、生まれつきの骨格が原因の場合もあるが、それより大きく影響するのが咬筋の肥大化と凝り
  • 「凝り固まった筋肉をほぐす」、「凝りの原因である食いしばりを直す」といった対策で、張ったエラをスッキリさせて小顔になることができる
  • 骨格の問題だとしても、骨の上に乗った筋肉の凝りをほぐしてあげれば、その分小顔になれる

エラ張りの原因は骨格だけじゃない

エラ張りの原因は骨格で、遺伝によるものだからどうしようもないと思っている人は多いと思います。ですが、エラ張りの原因は骨格だけではありません。

エラ張りの原因

  1. 下顎骨の出っ張り
  2. エラの筋肉(咬筋)の肥大化・凝り
  3. 皮下脂肪

生まれつきの骨格が原因の場合ももちろんありますが、それより大きく影響するのが咬筋の肥大化と凝りです。

咬筋を使いすぎて筋肉が厚みを増すとエラ張りが育ち、顔が左右に広がってしまうんです。また、皮下脂肪が原因でエラが張っているように見える場合もあります。

エラ張りの原因は骨格だけじゃないことの説明図

エラ張りの原因は骨格?筋肉?セルフチェックで確認

エラ張りの原因が骨格の場合は、自力でどうにかするのは難しいかもしれませんが、筋肉の問題なら自力でもなんとかなりそうですよね?

まずは、自分のエラ張りの原因は骨格と筋肉、どちらの比率が大きいのかをチェックしてみましょう。セルフチェックである程度判断することができます。

セルフチェック法

やり方は簡単で、奥歯をグッと噛み締めるだけ。

鏡を見ながら奥歯を噛み締めた時、ボコッとエラの部分が膨らむ場合は筋肉に起因していると考えられます。

何も変化がなければ骨格の問題が大きいと考えて良いでしょう。

エラ張りが骨格の問題か筋肉の問題かチェックする方法を写真で説明

骨格が原因のエラ張りだとしても諦める必要はありません

セルフケアで解消しやすいのは筋肉に起因しているエラ張りですが、セルフチェックの結果はどうでしたか?

私は微妙・・・わずかに動く程度なので、もともとの骨格の問題に筋肉の凝りが重なった・・・といったところでしょうか。

"no-img2″
まめ

セルフチェックで骨格の問題だということが明らかになったとしても、諦める必要はありませんよ!

もともと顎がしっかりした骨格の人は、それだけ噛む力も強いため咬筋が発達しやすく凝りやすいという特徴があります。

ということは、骨の上に乗った筋肉の凝りをほぐしてあげれば、その分、小顔になれるということ。

特に「年を取ってからエラが目立つようになってきた」と感じている人は、筋肉の凝りをほぐすことで小顔になれる可能性が高いです。

私は、もともとの骨格の問題がある上に、年を取ってからすごくエラが張ってきたタイプですが、セルフケアだけでエラ張りをだいぶ解消することができました。未だ対策中ですが、ビフォーアフター写真を掲載しておきます。あくまでも自分比ですが、小顔になったと言えるのではないかと思います。

エラ張りをセルフケアで解消ビフォーアフター写真

セルフケアで骨格の問題をも乗り越える!

エラ張りを解消して小顔になるためのセルフケアで徹底してやりたいのが、以下の2つの対策です。

セルフケアのポイント

  1. 凝り固まった筋肉をほぐす
  2. 凝りの原因である食いしばりを直す

これまで咬筋に蓄積されてきた凝りをほぐすことと、エラ張りのそもそもの原因である食いしばり癖を直すという、言わば対症療法と根本療法の2本立てで骨格の問題をも乗り越えることができます。

詳しい方法は下記のコンテンツでご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

エラ張りが気になる女性のイメージ写真
整形しないでエラをなくす6つの方法!ビフォーアフター写真で効果を検証!

エラ張りは遺伝だし、骨格の問題だから仕方ない・・・と思っていませんか? 実は、エラ張りは骨格ではなく筋肉の凝りが原因である場合がほとんど。 あのゴリゴリした部分は実は骨ではなく咬筋という筋肉なんです。 ...

続きを見る

食いしばりによるエラ張りが気になる女性のイメージ写真
エラ張りの原因は食いしばり!?年齢とともに四角くなった顔を小顔にする方法

もともとはエラ張り顔じゃないのに、 年々顔の横幅が広がっている・・・ 昔より顔が四角くなってきた・・・ とフェイスラインの変化に悩んでいる人は、歯の食いしばりが原因かもしれません。 実は、エラ張りの原 ...

続きを見る

セルフケアが面倒・・・という人にはヤーマンの美顔器「メディリフト」がおすすめ!

「自分であれこれやるのは面倒で結局続かない」という人には、ヤーマンの美顔器「メディリフト」がおすすめです!

メディリフト

画像出典:ヤーマン

マスク型の美顔器を装着するだけで自分では何もしなくてOK!美顔器が勝手にマッサージと筋トレをして小顔に導いてくれます。

誰がやっても正しいケアができるので、効果の実感度が高いのも嬉しいポイントです。

メディリフトの詳細を今すぐ見てみる

レビュー
メディリフト写真
【写真あり】メディリフトのビフォーアフターは本当?エラ・たるみに悩む管理人の1ヶ月体験を口コミ!

もともとのエラ張りに加えて年々気になるフェイスラインのたるみやほうれい線。 そんな「顔の下半分」のお悩みに効くと話題なのが「メディリフト」です。 メディリフトは1日10分装着するだけで小顔にしてくれる ...

続きを見る

小顔矯正や美容鍼、エステなどもエラ張り解消に効果的

骨格が主な原因のエラ張りの場合でも、セルフケアで改善可能です。ですが、それなりに時間がかかることは確かです。

私は手ごたえを感じるまでに数か月かかりました。整形まではやりたくないけれど即効性も欲しいという人は、骨格矯正や小顔矯正、美容鍼・エステなどプロに任せるのもおすすめです。

整形と違って骨格をどうにかすることはできないため、結局はセルフケアと同様、咬筋へのアプローチが中心となりますが、それでもやはりプロの手による施術は、即効性があります。私は美容鍼の施術を受けたことがありましたが、2、3回でかなりスッキリしました。

エステや小顔矯正のメリット・デメリット

メリット!

  • 即効性がある
  • 整形のようなリスクがない

デメリット

  • お金がかかる
  • 持続性はないので、こまめに通う必要がある

お金をかけなくても時間をかければ自力でエラ張りを改善できる!

エステや小顔矯正は確かに効果的なので、経済的に通い続けられる人はプロの手に任せるのも良いと思います。私はお金が続かず、結局通うのをやめてしまいましたが、お金があったら通い続けていたでしょう。

ですが、お金をかけなくても時間をかければエラ張りは自力で改善できます。プロに任せるのとセルフケアの大きな違いは、即効性があるかどうかという点だと思います。

即効性には期待せず、効果が出た段階でそれを維持していければOKという人は、セルフケアだけでも十分!数ヶ月続ければ手ごたえが感じられますし、持続性を保つにはケアをコツコツと続ければ良いだけなので、お金がかかりません。

四角い顔の遺伝子を受け継ぎ、たるみの影響でますますエラが目立っていた私でも、セルフケアで少し小顔になれたので、若い人やもともとがエラ張りじゃない人ならセルフケアでも十分満足できると思いますよ!思い悩まず、自分でできることから始めてみましょう!

セルフケアのメリット・デメリット

セルフケアのメリット!

  • お金がかからない
  • 毎日ケアをすれば効果は持続する

セルフケアのデメリット

  • 効果が出るまでに3ヶ月くらいかかる
  • 面倒になって挫折しやすい

メイクで骨格矯正してエラ張り解消!?

セルフケアはお金がかからずリスクもないのですが、即効性がないのが難点です。セルフケアの効果が出るまでは、メイクの効果で小顔に見せる方法もおすすめです。

小顔に見せるメイク法

  1. 自分の肌より2トーンほど明るいコンシーラーと暗いコンシーラーの2種類を用意します。
  2. イラストの黄色い部分に明るいコンシーラー、茶色い部分に暗いコンシーラーを塗っていきます。骨格矯正効果のあるメイク法でエラ張りを解消する説明図

ハイライトとシェーディングの効果でメリハリをつけることによって、気になるエラがスッキリ見えるようになります。

単色で塗りつぶしたのっぺりとしたメイクだと、顔が大きく見えてしまいますが、濃淡でメリハリをつけると、左右の幅が引き締まって見えるのでエラも目立たなくなりますよ!

まとめ

エラ張りの原因は骨格がすべてではなく、筋肉の凝りが原因である可能性もあります。

筋肉の凝りが原因の場合は、凝りを解消するマッサージで小顔になることができます。たとえ骨格の問題だったとしても、諦める必要はありません。骨の上には筋肉が付いているのですから、筋肉の凝りを解消すればその分小顔になれるというのは変わりません。

また、食いしばり癖や歯ぎしりの癖を直すことも大切です。食いしばり癖や歯ぎしりの癖を直すのには時間がかかりますが、エラ張りを解消するためには避けて通れない部分です。

他にもエステや小顔矯正など、整形に頼らなくてもエラ張りを解消するはたくさんあります。まずは、自分でできてなるべくお金がかからない方法から試してみてはいかがでしょうか。

-顔のたるみ・しわ
-

© 2021 アンチエイジングラボ